プログラミングは面白い

プログラミングの事を中心に色々書いていきます

努力不足でSES

なんだかTwitterでSESに関わる内容で炎上しているのでちょっと記事にしてみます。
発端はとある女性がツイートした事から始まりました。
著作権的に全部貼り付けられないので、端的に書くと以下になります。

努力不足でSESにしか入社できなかったけど、
ここを踏み台にもっといい条件の会社に転職出来るように頑張る

まぁこんな内容でした。
これにはSESの社長さんなんかも反応していて、割とみんな思う事があるようです。

私的には別に何とも思わないし、より良い環境を求めて転職先を探す事は悪い事ではないと思います。
こんな人と働きたくない、って意見も多々見受けられましたけど、入社後にやる気なくなって愚痴ばかり言って腐ってる人の方が私は嫌です。
また、入社前に本音の部分を皆が皆晒すわけではないし、このような考えで入社している人は世の中にごまんといるでしょう。

ただ、この女性の落ち度はわざわざその本音を公開してしまった事ですね。
親しい仲間にちょろっと話す分には何の問題もないでしょうけど、Twitterで言う必要があるのかな?とは思いました。
当然、悪気はないのでしょうし、軽い気持ちでちょっと呟いただけなんでしょうけど。

そもそも、面接だけでその人柄が理解できるわけがありません。
私もこれまで何百人と面接をしてきましたが、この人なら頑張ってくれそう、って思って採用してもすぐ辞めたりとかそんなのザラにあります。
逆に、この人は難しいかな?ひとまず採用してみよう、みたいな人がどんどん出世していくのも見てきました。
わずか数十分の面接で会社に合う人材かどうかを見抜けたら、この世に人材紹介サービスなんて存在しませんよね。

で、今回の件で一番引っかかった事が、入社後の気持ちの変化について割と誰も触れていなかった事です。
入社前は踏み台にしてやろうって思ってたけど、入社してから気持ちが変わってもっと頑張ろうと思っている、なんて言う事はいくらでもあると思うのです。
何かきっかけがあると人は大きく変わります。

この女性は努力不足という現在の問題を認識されてるようですし、これからもっと努力すれば優秀な人材になっていける可能性を秘めています。
エンジニアである以上、一生勉強する必要はありますし、それが出来なければ淘汰されるだけです。
今すごいやる気があっても、1年後にその気持ちが無くなってしまう人だっています。
先の事は誰にもわからんのです。

SESが下とか、自社開発が上とか、そんなの自分が誇りをもって仕事をしていればどうでもいい事です。
ちょっとした失言くらい許してあげれば良いのになぁ、と思った次第です。

GoとVue忘れそう

最近、Laravelの勉強ばかりでGoとVueを忘れてしまいそうです。
せっかくある程度覚えたのに、勿体ない...

でもプログラミングって目的を達成できれば言語なんて何でもいいんですよね。
お客さんからすればモダンとかレガシーとか興味ないですし。
きちんとセキュリティが担保された上で、要件通りのシステムが出来てれば何でもいいわけで。

しかしFWは本当に便利です。
認証機能がコマンドちょろっと打ち込むだけで出来てしまう...
便利だけどやっぱりブラックボックス多すぎて怖さもあります。

まぁ独学でいくら勉強しても、結局実務では通用しないんですけど。
もちろん基礎を知ってるか知らないかでは雲泥の差がありますけど。

右も左も分からないGoとVueの現場で、必死に着いていったあの頃が懐かしい...
なのでGoとVueは思い入れがあります。

たまにはAtCoderの問題をGoで解いてみようそうしよう。

ブックマークってなんだ

はてなブックマークってなんぞ...?
なんかそちらにコメントをして頂いた方がいらっしゃったのですが、返答の仕方がよく分からず...

コメントありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

謎機能多し。
てか、シンプルにブログだけで良いんだけどな...

おすすめフォント 白源

今までRictyを使用していたのですが、このフォントちょっと色々面倒だったりします。
バッククオートを使用すると文字が潰れてしまい、それを直すのが手間です。
しかし、このフォントは全角スペースが視覚的に分かるので大変便利です。

これに代わるフォントないかな、と探していたところ、ドンピシャなフォント発見!

その名も[白源]!
全角スペースも視認できるし、バッククオートも問題なく使用できます。
特にプログラミング初学者の方はうっかり全角スペースを入力してエラーを吐いた、なんてことも結構あると思うので導入をおススメします!
qiita.com

どうやらHSP

えー、わたくしどうやらHSP持ちのようです。
最近、このHSPというのを知ったのですが、こいつの概要はググったら色々出てくるので興味がある方は調べてみてください。
すっごいざっくり言うと、めっちゃ繊細な人の事を指すようです。
精神疾患とかではなく、生まれ持った気質らしいです。

なんか昔からやたら周りが気になる性格ではありました。
人ゴミに行くと信じられないくらい疲れるし、飲み会とかも途中で帰って一人になりたい、とか普通です。
一人の時間めっちゃ大事。

そしてとにかく考え込む。
悩んで悩んで悩みぬかないと次に進めません。
非繊細さんからすると、何でそんな悩むのか分からないようなのですが、何で悩まないのか逆に分かりません。

人の考えが分かるといいますか、もちろん毎回当たるわけではないのですが、何となく何考えてるのか分かってしまいます。
子供の頃から友達とケンカした後とか、どのタイミングで謝ったら良いか、みたいなのがすっごい良くわかります。
今謝ってもダメだな、とか、なんかそうゆう空気みたいなのが分かるんです。

で、むかしこの話を友達にした事があったのですが、"そんなのわかんねーし、そもそもそんなの考える?"みたいな返答でした。
あれ?これって皆そうじゃないの?ってその時は思ったのですが、もしかしたらこれもHSP特有の何かなのかもしれません。

どうしても人に気を使ってしまうので、目上の方とメシを食いに行くと自分が全然食べられないです。
特に焼肉がめんどくさい。
お肉って人それぞれ好きな焼き加減があるじゃないですか?
そこで色々考えます。

ここで適当に焼いて皆の皿に取り分けていった方がいいかな?
いやでも、自分で食いたいタイミングとかあるだろうし皿の上にお肉いっぱいになると嫌かな?
肉焼きのプロじゃないし、好みの焼き加減まで聞いて焼くのは無理だ...
かと言って何もしないと気を使えねーやつだなって思われそうだしな...
どうしようかな...

みたいな事を皆の話を聞きながら考えているので、あまり会話は頭に入ってきません。
で、結局は適当に焼いて皿の上に乗っけていきます。
皆の食べるペース見ながら肉焼いて、話を聞いて、酒頼んで、みたいな事してるので自分の分が食えない。

仕事でも人に何かを頼んだりするのが苦手です。
頼るのが苦手。
異常に迷惑を掛けたくない気持ちが強いので、相手の作業を止めて質問したり、何かをお願いするのが億劫です。
色々考えてしまうので。
なのでPGとして初めて現場に入った時には質問がうまく出来なくて先輩によく怒られました。
今でも質問は苦手。

何でこんな性格なのかなぁ...
と何度も思ったのですが、HSPの特性を知った事で最近心が軽いです。
自分だけじゃなくて、他にも同じように生きづらさを感じてる人がいるなんて...
しかも5人に1一人の割合なので結構いるという。

これは病気でもないし、治る治らないの話ではないので、今後はもう少し生きやすい方法を模索していこうと思っています。
HSP関連の本を読みながら、あるある!って共感してるのが楽しい今日この頃w

1つ謎が解けた

昨日投稿した記事の2番の謎が解けました。

2. useを記載しなくても動くのは何故か

<?php

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

// 何故これで動くの...?このRouteクラスとgetメソッドはどこから呼ばれてるんだ...?
Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

ファサードについて

まずこの謎を解くにはファサードと言う機能を知る必要がありました。
Laravelではこのファサードというのが良く出てくるようです。

Route::get
みたいなのがファサードです。

普通、クラスメソッドを呼び出すにはまずクラスのインスタンス化が必要ですよね。

$test = new TestA();
$test -> testmethod();

こんな感じですね。
これをファサードを使用して呼び出すと、こんな感じになります。

TestA::testmethod();

わざわざインスタンス化しないでメソッドを呼び出す事が出来るようです。
便利!
だけど、パッと見どのファイルに書かれてるクラスなのか分かりづらい気もしますね。

で、このファサードの仕組みなのですがまだキャッチアップし切れていません。
config/app.phpエイリアス設定されたクラスはuseを使用しなくてもファサードで呼び出せるようになるようです。
しかも自作も出来ちゃうらしい。
この辺は時間がある時にもう少し調べてみます。

ひとまず、なぜuseを使ってないのにクラスメソッドを呼び出せるか、
そして、どこを見ればそのクラスを呼び出してるのかが分かるようになったので前進ですね。

けど、明示的にuse文を使用した方が良いのか、useなしで記述した方がいいのか、どっちなんだろう?
謎が謎を呼ぶ...

フレームワークは便利だけどこうゆうブラックボックス多くて不安になります。
全部を知る事はたぶん無理だけど、まずは点をたくさん増やして、線にしていくのが良さそうです。

勉強したての頃は脳死で"こうゆうもの"って気にせず使っていたような気がします。
今は色んな事が気になって調べて、ある程度答えを出せるようになったのは成長の証でしょう。

参考URL

【Laravel】ファサードとは?何が便利か?どういう仕組みか? - Qiita
ファサード 6.x Laravel